お墓を建てずに納骨や遺骨の仕舞いをする場合、その遺骨をどうするかを決めなくてはなりません。

 「墓地、埋葬等に関する法律」が日本の法律に定められており、遺骨を墓地以外の場所に埋葬してはならないと、決められています。ですが、必ずしもお墓を建立する必要はありません。「散骨」といった手段も、近年ポピュラーになっております。

 散骨の場合、海洋散骨を希望される方が多いようです。海洋散骨は砕いた遺骨を海にまく方法で、専門業者に依頼する場合、「委託散骨」「合同散骨」「個別散骨」といった、いくつか方法があります。 多くの場合、船で散骨場所まで向かい、セレモニーを行なったうえで、パウダー状に細かく砕いた遺骨を海にまいて散骨をします。

 一般的な寺院や霊園にあるお墓への埋葬と異なり、散骨は遺骨が失われてしまいます。たとえ故人の希望であったとしても、親族の理解を得ておかないと、のちにトラブルとなる可能性があります。

 遺骨をすべて散骨してしまうと、将来供養したいと思う時に困るというケースがあります。その際の対応として遺骨をすべて散骨するのではなく、一部の遺骨を残しておく「手元供養」という方法があります。

 「手元供養」は、「自宅供養」とも呼ばれます。 一部の遺骨を自宅で供養することで、お墓参りで遠方に出向くことなく、常に故人のことを感じることができるというメリットがあります。いつでも故人へのお参りやお祈りができるため、おうちでご供養を検討される方は増加傾向にあります。墓離れが進んでいる現在の、新しいご供養の選択肢のひとつといえます。


に戻る