最愛のひとが帰らぬ人になってしまったとき、誰もが気持ちの整理がつかず、故人をいつも身近に感じたいものです。そのような方々の願いを叶えるのが、手元供養です。故人の遺骨や髪の毛などを、小さなオブジェやアクセサリーなとに収めて、ご自宅に置いたり身に着けることができるので、いつでも大切な方との絆を感じることができます。

 手元供養としてお手元に分骨を置く際、法的な手続きは必要ありません。ですが、手元供養をしているお骨をお墓に納める際には、誰のお骨であるのかを証明する「分骨証明書」が必要です。この証明書がないと、お骨をお墓に納めることはできません。将来、寺院や霊園にあるお墓への埋葬する可能性があるのであれば、火葬後に発行されるこの証明書を保管しておいてください。

 「いつでも近くで見守っていて欲しい」大切な人へそう願う気持ちは、みな一緒です。その心をこめて、いつでも故人の供養ができる、新しいご供養の手段が「自宅供養」です。おうちでご供養をすることで、気持ちも落ち着き、大切な方との絆をいつでも感じることができます。


に戻る