最近、「墓じまい」や「永代供養」に関する話をよく耳にします。

 先祖代々続くお墓を、子孫が継承していくという形式は減少傾向にあり、いろいろな供養のかたちが選択肢として現れてきました。

 「墓じまい」とは、墓を解体・撤去し、寺院や霊園に権利を返還することです。墓を引き継ぐ子供・家族がいなかったり、遠方で生活をしているなど、墓を管理する人がおらず、無縁墓になってしまうというケースが増えています。そのようなことを回避するため、「墓じまい」を決心する人も多いようです。

 「永代供養」とは、個人または夫婦単位での供養が基本とし、死後の供養を寺院や霊園に任せるものです。契約自体を子孫へ引き継がれることはなく、維持管理費はほぼ掛かりません。一定期間の後に合祀され、一所に埋葬されるケースが多いようです。墓を建てて子孫へと受け継ぐという一般的な形とは異なるものです。

 そして、現在注目を浴びているのが「手元供養」です。

 「手元供養」とは、寺院や霊園のお墓で遺骨を管理するのではなく、自宅で管理するという方法のことで、「自宅供養」とも呼ばれます。 自宅で供養することで、お墓参りで遠方に出向くことなく、常に故人のことを感じることができるというメリットがあります。また、新しく墓を建立する際に必要とする、最低でも100万円からといわれる諸経費を、大幅に削減することができます。


に戻る